ホーム > 医局紹介 > 業績集

業績集

2004年業績

著書

  1. 山本 健.静脈麻酔薬.麻酔科学レビュー 最新主要文献集2004.71-76,2004
  2. 喜多正樹.癌性疼痛.PCA(自己調節沈痛)の実際.107-118,2004
  3. 小室明子,山本健.全身麻酔導入時 6.胃管挿入.麻酔科診療プラクティス14 麻酔偶発症・合併症.14:34-35,2004
  4. 小室明子,山本健.全身麻酔導入時 11.マスク保持.麻酔科診療プラクティス14 麻酔偶発症・合併症.14:46-47,2004
  5. 菅野晶子,山本健.? 応用編 神経ブロック 1)腕神叢ブロック.局所麻酔 その麻酔と基本.149-161,2004
  6. 河田将行,大村繁夫.2.長時間作用性局所麻酔薬の全身毒性と蘇生に対する反応性.トピック 硬膜外麻酔.21-32,2004
  7. 加畑千春,大村繁夫.8.過凝固と深部静脈血栓症に「対する硬膜外麻酔の予防効果.トピック 硬膜外麻酔.102-112,2004
  8. 谷口 巧.エンドトキシンショック時の炎症反応に対する静脈麻酔薬の量的影響.臨床薬理の進歩2004.104-109,2004

総説

  1. 坪川恒久,山本 健.プロポフォールの投与量調節のコツについて.臨床麻酔 Q&A.1: 143-144,2004

英語論文

  1. K. Yamada, Y. Matsumoto, M. Kita, K. Yamamoto, T. Kobayashi, T. Takanaka: Long-term pain relief effects in four patients undergoing percutaneous vertebroplasty for metastatic vertebral tumor. J Anesth 2004; 18: 292-295
  2. M. Nishi, H. Itoh, T. Tsubokawa, T. Taniguchi, K. Yamamoto: Effective doses of vecuronium in patient with myotonic dystrophy. Anaesthesia 2004; 59: 1216-1218
  3. Y. Xu, T. Kobayashi, X. Cui, K. Ohta, C. Kabata, K. Tashiro: Lung volumes and alveolar expansion pattern in immature rabbits treated with serum-diluted surfactant. J Appl Physiol 2004; 97: 1408-1413
  4. T. Taniguchi, Y. Kidani, H. Kanakura, Y. Takemoto, K. Yamamoto: Effects of dexmedetomidine on mortality rate and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. Crit Care Med 2004; 32: 1322-1326
  5. H. Itoh, K. Shibata, T. Matsumoto, S. Nitta, M. Nishi, T. Kobayashi, K. Yamamoto: Effects of neuromuscular-blocking drugs in rats in vivo: Direct measurements in the diaphragm and tibialis anterior muscle. Acta Anaesthesiol Scand 2004; 48: 903-908
  6. T. Taniguchi, H. Kanakura, Y. Takemoto, K. Yamamoto: The Antiinflammatory Effects of Ketamine in Endotoxemic Rats During Moderate and Mild Hypotherimia. Anesth Analg 2004; 98: 1114-1120
  7. K. Yamada, K. Hashimoto, T. Tsubokawa, K. Tashiro, S. Ohmura, T. Taniguchi, K. Shibata: Respiratory failure caused by massive pleural effusion in a patient with deep neck abscess. J Anesh 2004; 18: 48-50

日本語論文

  1. 武川治水,松本泰作,高田宗明,岸澤進.当院における修正型電気痙攣療法.公立能登総合病院医療雑誌 15:39-43,2004
  2. 山田圭輔,西雅利,松本禎久,山本健,北川潤,新田俊一.甲状腺癌の浸潤により気管狭窄をきたした2症例.臨床麻酔 28(5):944-946,2004
  3. 坪川恒久,西 雅利,棚木直人,木谷曜子,臼倉 愛,加畑千春,吉山 毅,山本 健.Awake of-pump CABGをおこなった1例.Cardiovascular Anesthesia 8(1):19-23,2004
  4. 山田圭輔,松本禎久,棚木直人,喜多正樹,山本 健.シリコンジェルシートを貼布する事でアロディニアを軽減できた帯状疱疹御神経痛の1症例.ペインクリニック 25(3):390-391,2004
  5. 山田圭輔,山田清恵,山本 健.脾動脈瘤破裂をきたしたエーラース・ダンロス症候群?型の1例.臨床麻酔 28(1):115-116,2004
  6. ミダゾラムがラットの体性感覚誘発電位および高周波振動に及ぼす影響.臼倉 愛,小室明子,坪川恒久.神経麻酔・集中治療2004,61-62. 2004
  7. セボフルランが体性感覚誘発電位および高周波振動に及ぼす影響.小室明子,臼倉 愛,坪川恒久.神経麻酔・集中治療2004,63-64. 2004

英語発表

日本語発表

  1. 谷口巧,太田圭亮,河田将行,稲葉英夫,山本 健.地方公立病院におけるACLSの普及と麻酔科医の役割.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  2. 木谷曜子,金倉寛子,竹本安宏,津田和信,谷口巧,山本 健.エンドトキシン血栓ラットに対するイソフルランのプレコンディショニング効果.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  3. 津田和信,山田圭輔,山本 健.骨肉腫の肺転移患者で術後に血胸を生じた1例.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  4. 臼倉愛,木谷曜子,西雅利,坪川恒久,吉山毅,山本 健.高位硬膜外麻酔の麻酔域と循環動態への影響.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  5. 山田圭輔,松本禎久,喜多正樹,山本 健.椎体以外の転移性骨腫瘍による痛みに対してセメント注入を行った4症例.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  6. 坪川恒久,小室明子,加畑千春,臼倉愛,石塚修一,山本 健.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  7. 小室明子,石塚修一,吉山毅,坪川恒久,山本 健.プロポフォールの薬物動態学的および薬力学的耐性が1年以上持続していた症例.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  8. 加畑千春,小室明子,臼倉愛,吉山毅,坪川恒久,山本 健.第51回日本麻酔科学会学術集会,名古屋,2004
  9. 山田圭輔,松本禎久,喜多正樹,山本 健.転移性骨腫瘍による痛みに対して経皮的椎体形成術とラジオ波焼灼術を行った1例.第38回日本ペインクリニック学会,東京,2004
  10. 薬袋裕子,臼倉 愛,津田和信,木谷曜子,西雅利,坪川恒久,山本 健.硬膜外麻酔を主体として自発呼吸を維持する腹部動脈瘤人工血管置換術の麻酔管理.第24回日本臨床麻酔学会,大阪,2004
  11. 加畑千春,山本健.股関節手術後の肺血栓の頻度-肺血流シンチグラムによる評価.第24回日本臨床麻酔学会,大阪,2004
  12. 武川治水,山田圭輔,山本 健,松本泰作.急性脊随硬膜外血腫を生じた本態性血小板血症の1例.第24回日本臨床麻酔学会,大阪,2004
  13. 山田圭輔,喜多正樹,山本 健.硬膜外ブロックにより生じた硬膜外膿腫の治療に胃潰瘍からの出血をきたした1例.第24回日本臨床麻酔学会,大阪,2004
  14. 松久大希,山田圭輔,喜多正樹,山本 健.乳癌骨転移に対する疼痛治療中に高カルシウム血症をきたした1症例.第24回日本臨床麻酔学会,大阪,2004
  15. 山本 健.経皮的推体形成術.第3回神経ブロック手技研究会.東京,2004
  16. 山田圭輔.術後11年目に多発脊椎転移をきたした頭蓋硬膜発血管外皮種の1例.第42回日本癌治療学会総会,京都,200417.石崎純子,横川弘一,河田将行,坪川恒久,山本 健,宮本謙一.第14回日本医療薬学会年会,千葉,2004